テーマ:クロニジン

機能的内視鏡下副鼻腔手術中のクロニジンまたはデキスメデトミジンによる低血圧麻酔の術野の質を改善する有効性を比較する…

・術野の激しい出血は、機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)の成功に影響を与える潜在的な要因である。静脈内 α2 作動薬による低血圧麻酔は術中出血を減少させるが、いずれの薬剤が最善かは不明である。この試験の主な目的は、低血圧麻酔の現在の標準的な補助薬であるクロニジンを、最近入手可能な代替薬デキスメデトミジンと比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外無痛分娩に対するロピバカイン(0.2%)にクロニジン 1μg/kg 併用の有無の比較

・研究の目的は、硬膜外無痛分娩に際して、ロッピバカインへのクロニジンを添加することによって、鎮痛発現、鎮痛持続時間、新生児転帰、鎮痛の質に及ぼす効果を調査することである。 ・要求に応じた硬膜外鎮痛の対象となった、合併症のない妊娠、頭位、ASA 分類 I/II の合計 60 人の満期妊婦を、説明と同意後に 2 群に分けた。R 群(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中のクロニジンの位置づけは?無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・周術期医療において、クロニジンは多くの適応症のために推奨されている。 ・この系統的レビューとメタ分析により、以下のことが確認されている。 ・クロニジンは疼痛コントロールを改善し、術後の悪心嘔吐を軽減し、循環動態と交感神経の安定性を改善する ・クロニジンは腎機能や覚醒時間に悪影響を与えない。 ・しかし、クロニジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹胆嚢摘出術に際して創部浸潤投与したクロニジンと比較したクロニジン静脈内投与の術後鎮痛効果

・本無作為化二重盲式試験は、静脈内投与または創部浸潤で投与されたクロニジンの術後鎮痛効果をブピバカインと比較するために考案された。 ・開腹胆嚢摘出術を受ける ASA I/II の 60 人の成人を無作為に 3 群に分けた。第 1 群(対照群)の患者は、手術の最後に 0.25% ブピバカイン 30ml を創部に浸潤した。第 2 群の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more