テーマ:鎖骨上ブロック

鎖骨上ブロックは、肩の手術後の急性疼痛管理に際して斜角筋間ブロックと同じくらい適しているか?系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間ブロック(ISB)は、肩の手術に最適な急性疼痛管理手法であるが、その不都合な呼吸器副作用により、代替法の探索が促されている。鎖骨上ブロック(SCB)が ISB の代替法として提案されているが、鎮痛効果と呼吸器副作用回避効果の比較のエビデンスは一貫性がない。肩の手術で SCB と ISB の鎮痛効果と呼吸効果を比較した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上ブロック

鎖骨上ブロックは、全身麻酔の代替または補助として使用される局所麻酔法であり、上肢外科手術(中上腕骨から手)の術後疼痛管理に使用される。1911 年に Kulenkampff がランドマークベースのアプローチとして最初に導入したが、付随する気胸の危険性が、その方法の人気が下がった原因である可能性が高い。[1] La Grange は、超音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関節鏡下肩関節手術のための斜角筋間と小用量の鎖骨上ブロックの無作為比較

・本無作為化試験は、関節鏡下肩手術のための超音波(US)ガイド下斜角筋間ブロック(ISB)と小用量の鎖骨上ブロック(SCB)を比較した。著者らは、片側横隔膜麻痺(HDP)のリスクなしに、SCB が手術 30 分後に、ISBに同等の鎮痛を提供すると仮定した。 ・全ての患者は、US ガイド下中頚神経叢ブロックを受けた。ISB 群では、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

肩手術後鎮痛のための超音波ガイド下斜角筋間ブロックと鎖骨上ブロックの比較

・斜角筋間ブロックとは対照的に、肩関節手術に際しての鎖骨上ブロックの鎮痛有効性に関する情報はほとんどなかった。本研究は、肩手術に際しての斜角筋間と鎖骨上ブロックの鎮痛効力と副作用を比較することを目的とした。 ・肩手術を予定された患者は、0.375% ロピバカイン 20ml を用いて、超音波ガイド下に斜角筋間(n=25)か、または鎖…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more