テーマ:咳嗽

少量のレミフェンタニル前処置は、全身麻酔導入中のスフェンタニル誘発咳嗽を抑制する:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・スフェンタニルの静脈内使用は咳嗽を誘発する可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔導入時のスフェンタニル誘発咳嗽に及ぼす小用量レミフェンタニルの前注入の抑制効果を評価することであった。 ・本前向き無作為化対照試験は、2019 年 1 月 10 日から 2019 年 3 月 1 日まで実施された。全身麻酔下に待機的手術を受けた合計 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスの投与をずらすと、覚醒時高度咳嗽のリスクが低下する:無作為化比較試験

・覚醒時の咳嗽は、スガマデクス拮抗に伴うよく見られる副作用として報告されている。著者らは、単施設、無作為化二重盲式試験において、スガマデクスの投与をずらすと覚醒時咳嗽を減少させるかどうか調査した。 ・ASA I/III の成人 120 人を、抜管前に 1mg/kg のスガマデクスと抜管直後にさらに 1mg/kg で拮抗する(時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more