テーマ:脳モニタリング

ビーチチェア体位患者の麻酔後の認知能転帰の前向き評価

・ビーチチェア体位は、肩関節手術、特に関節鏡検査を含む肩関節手術のために普及している。いくつかの公開された症例報告と研究は、ビーチチェア体位の患者で行われた手術に際して麻酔に関連した神経学的合併症の懸念を提起してきた。これらの潜在的な合併症を最小限に抑えるために、脳灌流モニタリングを日常的に使用すべきかどうかという問題が提起されている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知機能障害と術後せん妄減少に及ぼす麻酔の脳モニタリング:系統的レビュー

・研究の目的は、術後認知機能障害と術後せん妄(POD)を減少させる上での麻酔深度を脳でモニタリングする有効性を評価することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library データベースを、PRISMA ステートメントガイドラインに従って検索した。著者らは、系統的レビューに、脳波検査を基にした場合と、日常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more