テーマ:肺手術

小児の年齢層における輸血と肺手術:単施設の後ろ向き研究

・輸血には害がないわけではなく、最近の研究は、輸血と重症患者の転帰不良との関連を示唆している。輸血は酸素運搬能を向上させるという確固たる信念に基づいて多くの理由で処方されているが、それは顕著な有害な危険をもたらしうる。重要なことに、肺手術は中程度から高リスクの手術として数えられ、出血の重大なリスクを負いうる。本研究は、小児胸部手術後の、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺手術およびレミフェンタニル注入を受ける患者の術後痛覚過敏を予防するための低用量ブプレノルフィン注入

・術後続発性痛覚過敏は、痛覚経路促進および/または急性オピオイド曝露による中枢感作から生じる。後者は、オピオイド誘発性痛覚過敏(OIH)としても知られている。強力なμ-オピオイド作動薬であるレミフェンタニルは、術後痛覚過敏を誘発し、術後疼痛スコアおよびオピオイド消費量を増加させると報告されている。続発性痛覚過敏の根底にある病態生理は、N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more