テーマ:覚醒挿管

困難気道が予測される患者における覚醒下声門上気道ガイドの気管支ファイバー挿管:症例シリーズおよび叙述的文献レビュー

・全身麻酔導入後に気道を確保しようとする試みが、潜在的に困難であったり、失敗することによって危害につながる可能性がある場合、困難気道では覚醒挿管が適応となる。従来の覚醒下気管支ファイバー挿管は、経鼻、あるいは、あまり一般的ではないが、経口で行われる。声門上気道器具(SAD)を介した覚醒下経口気管支ファイバー挿管(FBI)はあまり一般的で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more