テーマ:股関節骨折手術

股関節骨折手術後の術後肺炎の危険因子としての早期術後低アルブミン血症

・術後肺炎は、高齢者の股関節骨折手術の一般的で壊滅的な合併症である。本研究は、股関節骨折手術後の術後早期の低アルブミン血症と肺炎との関係を明らかにすることを目的とした。 ・ある施設で実施されたこの後ろ向きコホート研究では、股関節骨折手術を受けた 1155 人の連続患者(年齢>60 歳)の診療記録をレビューした。多変量ロジスティック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の外科的修復に際しての脊椎または全身麻酔、およびその後の死亡率と罹患率のリスク:傾向スコアマッチングを使…

・英国では、毎年約 76,000 人が、相当なの人的、社会的、経済的コストを要して股関節骨折を起こしている。長年の議論にもかかわらず、最適な麻酔の種類(全身または脊椎)は不明のままである。著者らの目的は、股関節骨折手術時に、全身麻酔と比較して脊椎麻酔を受けた患者の死亡率と罹患率に有意差があるかどうかを評価することであった。 ・二次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸静注は股関節骨折手術中に有効かつ安全か?無作為化比較試験の最新のメタ分析

・股関節骨折手術中の静脈内(IV)トラネキサム酸(TXA)の有効性と安全性は依然として議論がある。このメタ分析は、輸血の必要性と出血量の減少、ならびに血栓溶解の危険性に関する安全性の点で、股関節骨折手術中の IV-TXA 投与の有効性を評価することを目的とした。 ・PubMed、EMBASE、Web of Science、Coch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術中の長期間の昇圧薬のサポートは、死亡率増加の危険因子である

・股関節骨折は、高齢者集団によく見られる外傷であり、高い合併症率と死亡率に関連する。術中低血圧はよく認められ、しばしば昇圧剤(VP)で治療されるが、その程度は不明である。著者らは、股関節部骨折患者の何人が周術期に VP を受けたかと、さらに VP 治療が死亡率増加に関連しているかどうかを調査するために、後ろ向き的に検討することにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スウェーデンにおける股関節骨折手術後の死亡率の決定要因:登録簿ベースの後ろ向きコホート研究

・股関節骨折手術は、高い死亡率および合併症率と関連している。不良転帰の原因は完全には理解されておらず、外科手術自体以外の要因と関連している可能性がある。患者、手術、麻酔および構造的要因の相対的な寄与は、ほとんど一緒に研究されていない。 ・本研究は、2014 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日まで、スウェーデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more