テーマ:年齢

待機的手術を受ける若年成人と高齢者におけるロクロニウムの薬物動態と薬力学

・研究の目的は、待機的手術を受ける ASA I-III の患者で加齢がロクロニウム動態に及ぼす影響を評価することであった。 ・全身麻酔下で手術を受ける若年成人(年齢 20-50 歳、n=15)と高齢患者(年齢 65-85 歳、n=14)を調査した。全患者は、ミダゾラム、ロクロニウム、フェンタニル、プロポフォールの個別の用量の静脈内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムを用いた強い筋弛緩の維持に及ぼす年齢の影響

・加齢は、筋弛緩の作用時間延長と関連している。本研究の目的は、ロクロニウム誘発性筋弛緩からのテタヌス刺激後カウント(PTC)の回復に及ぼす加齢の影響を調査することであった。 ・22 人の若い成人(年齢 20-60 歳)と 22 人の高齢成人(年齢>70 歳)の患者が本研究に登録された。フェンタニルとプロポフォールで麻酔を導入した後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健常人における年齢に関連した疼痛感受性の変化:メタ分析を伴う系統的レビュー

・文献は、高齢者の痛疼痛知覚が減少することを示唆している。最近のレビューでは、10 年以上前に実施された検索戦略を使用し、調査結果が不確かであると結論付けた。メタ分析を用いたこの系統的レビューの目的は、健常な痛みのない成人、小児、青年の疼痛感受性の年齢関連変化を調査することであった。 ・PubMed、Science Direct、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more