テーマ:術後せん妄

心臓手中の酸化的損傷と術後せん妄

・術後せん妄のメカニズムはよく理解されておらず、効果的な治療法の開発が制限されている。術中の酸化的損傷はせん妄と神経傷害に関連し、血液脳関門の破壊はこれらの関連を辺kさせるという仮説を検証した。 ・腎傷害とせん妄を減らすためにアトルバスタチンの臨床試験に登録された 400 人の心臓手術患者の事前指定されたコホート研究で、著者らは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節置換術を受ける高齢患者の術後せん妄に及ぼす異なる BP管理戦略の影響:単施設無作為化対照試験

・術後せん妄(POD)は、股関節置換術後によく見られる。術中血圧管理は術後せん妄に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、POD に及ぼす異なる血圧管理戦略の効果を比較することであった。 ・中国合肥市安徽医科大学の第二病院単施設での無作為化比較試験で、対象は、股関節形成術を受けた年齢 65〜80 歳の合計 150 人の患者。乱数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中にイソフルランとデスフルランで麻酔した患者の術後せん妄の比較:前向き無作為化対照試験

・脊椎手術後、さまざまな種類の吸入麻酔薬が術後せん妄(POD)を引き起こし、周術期/術後の合併症率を増加させる可能性がある。ここでは、イソフルランとデスフルランで麻酔した脊椎手術を受けた成人の POD の発生率を比較した。 ・脊椎手術を受ける患者を対象とした前向き無作為化二重盲式臨床試験が、60 人の成人(年齢 18〜65 歳)で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の高齢患者における術後せん妄の発生率と危険因子

・研究の目的は、股関節骨折の高齢患者におけるせん妄の発生率と関連危険因子を調査することであった。 ・これは、2014 年 10 月から 2017 年 2 月まで医療センターで実施された後ろ向き研究で、股関節手術(股関節形成術、大腿骨近位部釘固定)のために入院した年齢 65 歳以上の全ての患者が登録された。単変量および多変量ロジステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的頭蓋内術後に ICU入室した患者の術後せん妄の発生率と危険因子:前向きコホート研究

・術後せん妄(POD)は、大手術後の重要な合併症として確認されている。ただし、これまでの研究では、脳神経手術患者は通常除外されている。現在まで、頭蓋内手術後患者の POD および危険因子に関するデータは乏しい。研究の目的は、頭蓋内手術後患者での POD の発生率と危険因子を調査することであった。 ・中国北京にある大学付属病院の脳神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後せん妄の予防と治療に焦点を当てた試験:無作為化エビデンスの系統的レビュー

・心臓手術後せん妄は、入院期間の延長、集中治療室の長期在室、死亡率の増加などの有害転帰に関連している。効果的な予防的介入と治療はまだほとんど知られていない。この系統的レビューは、心臓手術を受ける成人患者のせん妄の予防または治療で研究された介入に関する無作為化試験から既存のエビデンスを集めて要約することを目的としている。 ・キーワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後せん妄の発生率に及ぼす集学的ケアバンドルの効果:品質改善研究

・せん妄は、股関節骨折手術後のよく見られる合併症である。救急部、手術室、病棟の管理を標準化した周術期ケアバンドルを導入した。これには以下が組み込まれた。腸骨筋膜ブロックの使用、鎮痛の合理化、せん妄を引き起こすことが知られている薬物の回避、スタッフ向けの定期的な教育プログラム、コンプライアンスの継続的監査。 ・本研究は、2017 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術における術後せん妄の病因と関連因子

・せん妄は、整形外科手術後の高齢患者にとって重症合併症である。本研究の目的は、韓国での整形外科手術後せん妄の病因と関連因子を評価することであった。 ・整形外科手術を受けた年齢 50 歳以上の 3,611 人の患者の診療記録を後ろ向きにレビューした。患者の年齢(50 代、60 代、70 代、> 80 代)、麻酔の種類(全身、脊椎、局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄を予測するリスクスコアの開発

・股関節骨折後のせん妄(PHFD)は、高齢患者の重大な臨床的問題であるが、術前の期間で使用するための適切で単純なリスク予測モデルは開発されていない。 ・2016 年の米国外科学会全国手術の質改善プログラムの股関節骨折手術を対象とした参加者用データファイルを使用して、股関節骨折手術を受けた年齢 60 歳以上の患者コホートを取得した(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管内手術における局所脳酸素飽和度と術後せん妄:前向きコホート研究

・せん妄は急性精神障害であり、よく見られる術後合併症である。血管内治療手術で局所脳酸素飽和度(rSO2)をモニターすることで、脳酸素飽和度低下をリアルタイムで監視し、重症の脳機能障害を回避し、せん妄の発生率を減らしうる。著者らは、血管内手術を受ける患者のせん妄の発生率を調査しようとした。 ・これは臨床コホート試験であった。著者らは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後せん妄は、長期的な日常生活動作の低下と関連している

<このトピックについてすでに知っていること>:術後せん妄はよく見られるが、その長期的転帰についてはは不明のままである <この記事が教えてくれる新しいこと>:登録された患者の約 4 分の 1、平均年齢 80 歳は、主要な待機的かつ緊急の主要な整形外科手術後にせん妄を発症した。2〜3 年後の日常生活動作と 3 年後の死亡率は、ともに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国における人工股関節全置換術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の影響:国民健康保険請求データを使用した地域住民ベース…

・神経学的合併症に及ぼす麻酔法の効果に関するさまざまな報告がある。韓国で人工股関節全置換術を受けた患者の術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の効果を推定するために、地域住民ベースの研究が実施された。 ・韓国国民健康保険請求データベースを使用して、2008 年 1 月から 2017 年 12 月までに手術コード「N0711」の請求記録を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全関節形成術後の高齢患者における術後せん妄の危険因子としての術前 C 反応性蛋白質/アルブミン比

・急性脳障害としての術後せん妄(POD)は非常によく見られる術後合併症として広く報告されており、それは合併症率と死亡率の増加と密接に関連している。本研究は、全関節形成術(TJA)後の高齢者における POD に対しての C 反応性タンパク質/アルブミン比(CAR)を含む潜在的な危険因子を調査することを目的とした。 ・硬膜外麻酔下に待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後せん妄の予防に対する周術期麻酔薬の全身麻酔への影響: ネットワークメタ分析

・術後せん妄(POD)は手術患者によく見られる神経系障害である。麻酔処置者は、臨床診療において様々なメカニズムを含む鎮静剤を幅広く選択しており、POD の発生率はどの鎮静剤を投与したかによって異なる。このネットワークメタ分析は、患者に対する各選択肢の安全性と有効性を包括的に分析することを目的としている。 ・ヴァンダービルト大学医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の全身麻酔後の術後認知機能障害とせん妄に及ぼすデキサメタゾンの効果:無作為化対照試験のメタ分析

・術後認知機能障害(POCD)や術後せん妄(POD)に及ぼすデキサメタゾンの効果を調べた研究がいくつかある。しかし、それらの結論は矛盾している。そこで、全身麻酔後の成人における POCD と POD に及ぼすデキサメタゾンの効果を調査するために、メタ分析を行った。 ・Cochrane Library の Cochrane Cent…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的手術予定の高齢患者における術後せん妄の予防:系統的レビューとメタ分析

・脆弱な、または「虚弱な」患者は、外科手術などの引き金にさらされるとせん妄を発症しやすい。せん妄が発生すると、介入は重症度や持続期間にほとんど影響を与えず、一次予防の重要性が強調される。このレビューは待機手術を受ける高齢患者における術後せん妄を予防するための介入の概要を提供している。 ・2018 年 3 月に文献検索を実施した。高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折のための非待機的手術を受ける高齢患者における術後せん妄、機能的状態、死亡率の臨床的予測因子

・研究の目的は、高齢手術患者集団における入院患者の非待機的股関節骨折手術に関連する罹患率と死亡率に影響を及ぼしうる修正可能な術前因子を同定することであった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラム高齢手術パイロットプロジェクトから得たデータベースの後ろ向き分析。対象は非待機的股関節修復手術を受ける高齢患者で、術前の人口統計学的、内科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス術後の早期抜管と術後せん妄の関連

・心臓手術後の早期抜管が入院期間と合併症発生率に有益であると報告されているが、術後せん妄への影響は不明のままである。冠動脈バイパス術後せん妄に及ぼす早期抜管の影響を検討した。 ・2010 年 1 月 1 日から 2015 年 12 月 31 日までの連続した単独冠状動脈バイパス移植術患者の単一施設での後ろ向きレビューを実施した。ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折修復術を受けた患者における手術所要時間と術後せん妄との関連

・股関節骨折手術を受けた高齢者の術後せん妄は、罹患率および医療費の増加と関連しているが、リスクを制限するのに役立つ可能性のある修正可能な因子はほとんど知られていない。研究の目的は。長時間手術と麻酔の種類が術後せん妄のリスク増加と関連しているかどうかを調査するために、股関節骨折手術所要時間について患者集団全体の個人レベルのデータを使用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後高齢患者でプロポフォール/デキスメデトミジン併用アセトアミノフェン静注 vs プラセボ

<キーポイント> 疑問:プロポフォール/デキスメデトミジン静脈内投与に併用した定時静脈内アセトアミノフェン(パラセタモール)の術後使用は、心臓手術を受けた高齢患者の術後せん妄のリスクを軽減するか? 知見:心臓外科手術を受けた 120 人の患者を対象とした本無作為化臨床試験では、術後 48 時間にアセトアミノフェンを静脈内投与し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室におけるせん妄に影響を及ぼす手術と麻酔の要因:電子診療録の分析

・本研究の目的は、集中治療室におけるせん妄の発生に影響を及ぼす手術、麻酔、回復室に関連する要因を分析することであった。外科手術患者では、術後せん妄の発生率が高い。術後せん妄は、手術後 3 日以内に最も頻繁に起こる。 ・本研究では、症例対照研究に基づく二次的データ分析を用いた。本研究では、2009 年 10 月から 2015 年 7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄に及ぼす術前メチルプレドニゾロン 125mg の単回投与の効果

・術後せん妄は、股関節骨折術後によく見られ、神経炎症が原因となる可能性がある。 ・著者らは、術前のメチルプレドニゾロン 125 mg 静脈内投与が、Confusion Assessment Method による術後せん妄重症度スコアを用いて評価した術後せん妄の重症度と頻度を低下させるか見るために、117 人の股関節骨折患者を対象と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

認知機能障害と術後せん妄減少に及ぼす麻酔の脳モニタリング:系統的レビュー

・研究の目的は、術後認知機能障害と術後せん妄(POD)を減少させる上での麻酔深度を脳でモニタリングする有効性を評価することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library データベースを、PRISMA ステートメントガイドラインに従って検索した。著者らは、系統的レビューに、脳波検査を基にした場合と、日常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せん妄や術後認知機能障害を予防するための術中ケタミン投与:系統的レビューとメタ分析

・術後認知合併症は、かなりの合併症率と死亡率に関連する。ケタミンは、様々な設定において神経保護効果を有することが示唆されている。この系統的レビューは、術後せん妄と術後認知機能障害(POCD)に及ぼす術中ケタミン投与の効果を評価する。 ・Medline、Embase、Central を、日付または言語制限なしで 2018 年 3 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処理脳波モニタリングと術後せん妄:系統的レビューとメタ分析

・術後せん妄は、年齢 65 歳以上の患者の大きな手術の約 15~20% に合併し、有害転帰と医療資源利用の増加を伴う。さらに、術後せん妄のある患者は、長期的術後認知機能障害を発症する危険性があるかもしれない。1 つの修正可能かもしれない変数は、麻酔をガイドするために術中に処理脳波を使用することである。この系統的レビューとメタ分析は、処理…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下主要非心臓手術後高齢患者の術後せん妄に及ぼすデキスメデトミジンのタイミングと投与量の影響

<ハイライト> ・デキスメデトミジンの周術期長期持続投与は、術後せん妄の発生率および重症度を低下させる。 ・デキスメデトミジンは IL-6 などの炎症性サイトカインも減少させた。 ・術後 24 時間目の IL-6 は、術後せん妄の予測に重要な因子である可能性がある。 <要旨> ・術後せん妄を予防するための処方の用量とタイミング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節手術を受けた高齢者のせん妄予防のための高張食塩水

・術後譫妄(POD)は高齢患者によくある障害であり、神経炎症が根本的なメカニズムである可能性がある。本研究は、高張食塩水(HS)の前注入が高齢患者の POD を軽減できるか否かを調査するために考案された。 ・本前向き研究は、股関節手術を受ける 120 人の高齢患者を募集した。患者は対照群(NS 群)と HS 群の 2 群に無作為に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ファーストトラック股関節と膝関節形成術後のせん妄 - 6331 人の高齢者のコホート研究

・術後譫妄(PD)は、高齢の外科手術患者の周知の合併症であり、合併症率、死亡率、在院期間(LOS)の増加と関連している。股関節形成術と膝関節形成術(THA/TKA)を含む待機的整形外科手術では、ほとんどの研究が 5??%~10% の発生率を報告している。周術期ケアのマルチモーダル最適化(fast-track)は、回復を強化し、合併症率と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

全膝置換術を受ける高齢肥満患者の術後のせん妄に及ぼすデスフルランとプロポフォール麻酔の効果

<ハイライト> ・TKA を受けた高齢肥満患者での譫妄率は低い。 ・発症初期の認知的転帰に差はなかった。 ・覚醒時間は両群間で同等であった。 ・このデータは、この主題に関して適切に証明能力のある研究に使用できるであろう。 <要旨> ・本研究の目的は、全膝関節形成術を受ける 100 人の高齢肥満者におけるせん妄の発生率、覚醒時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more