テーマ:腕神経叢ブロック

超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック:外側矢状アプローチと肋鎖アプローチの前向き無作為化比較

・最近、肋鎖(CC)空間における鎖骨下腕神経叢ブロック(BPB)が概則矢状(LS)アプローチの制限のいくつかを克服することが提案された。本研究では、CC アプローチが LS アプローチよりも腕神経叢の 4 つの主要な末端神経の知覚遮断の発現が速いと仮定した。 ・BPB 下に待機的上肢手術を受ける 40 人の患者は、鎖骨下 BPB …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上と肋鎖腕神経叢ブロック後の同側片側横隔膜麻痺:無作為化観察者盲式試験

・肋鎖腕神経叢ブロック(BPB)は、外側矢状アプローチよりも知覚運動遮断の発現が速い。ただし、肋鎖 BPB 後の横隔神経麻痺(PNP)の発生率は不明である。本研究では、鎖骨上と肋鎖 BPB 間で、同側片側横隔膜不全麻痺の発生率、したがってPNP を比較した。 ・右側上肢手術を受ける 40 人の患者を対象とした、手術室での無作為化観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術のためのリポソームブピバカインを用いた腕神経叢ブロックは鎮痛を改善しオピオイド消費を減らす:多

・単回注入と持続性末梢神経ブロックの有用性は、それぞれ鎮痛作用持続時間が短いこととカテーテル関連合併症によって制限される。この二重盲式多施設共同試験では、肩関節手術に際して標準化疼痛管理プロトコルにリポソームブピバカイン(LB)を加えた、単回注射、超音波ガイド下腕神経叢ブロック(BPB)の有効性、安全性、薬物動態を評価した。 ・人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上腕神経叢ブロック補助剤としてデキサメタゾンはデキスメデトミジンより優れる:系統的レビュー

・デキサメタゾンとデキスメデトミジンは両方ともブロック持続時間を延長する効果的な末梢神経ブロック(PNB)神経周囲補助剤である。ただし、それぞれ副作用を伴う。これらの補助剤の直接比較が不足しているため、PNB の局所麻酔薬(LA)と混合するのに最適な補助剤についての質問には答えがない。本メタ分析は、デキサメタゾンとデキスメデトミジンを比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腋窩腕神経叢ブロックに際して局所麻酔薬に加えたブプレノルフィンは、術後鎮痛を延長する

・鎖骨上腕神経叢ブロックに際して局所麻酔薬溶液に加えられたブプレノルフィンは、局所麻酔薬ブロック単独と比較して、これまでの研究で術後鎮痛持続時間が 3 倍になることが判明した。しかしながら、その研究は、ブプレノルフィンが筋肉内吸収または脊髄機構を介して鎮痛に影響を与えている可能性など、交絡する可能性のある要因については制御していなかった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上ブロック

鎖骨上ブロックは、全身麻酔の代替または補助として使用される局所麻酔法であり、上肢外科手術(中上腕骨から手)の術後疼痛管理に使用される。1911 年に Kulenkampff がランドマークベースのアプローチとして最初に導入したが、付随する気胸の危険性が、その方法の人気が下がった原因である可能性が高い。[1] La Grange は、超音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下腕神経叢ブロックにおける補助薬としてのデキサメタゾンとブプレノルフィンの比較

・回復を促進し、早期の歩行を容易にするために、整形外科手術に際して有効な術後鎮痛が不可欠である。術後鎮痛を提供するために、末梢神経ブロックで局所麻酔剤に対する補助薬として種々の添加剤が使用されてきた。本研究の目的は、超音波ガイド下腕神経叢ブロックの補助薬として投与された場合、ブプレノルフィンおよびデキサメタゾンとで術後鎮痛の持続時間を比…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

腕神経叢ブロックに及ぼすデキスメデトミジン併用ロピバカインの鎮痛効果

・本無作為化対照研究は、上肢外傷手術に際しての麻酔法の選択肢を提供するために、ロピバカインにデキスメデトミジン併用 vs とロピバカイン単独が腕神経叢ブロックに及ぼす鎮痛効果を調べた。 ・著者らの病院で 2013 年 2 月から 2015 年 7 月までに、腕神経叢ブロック麻酔下で上肢手術を受けた患者合計 114 人が登録された。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橈骨遠位手術のための持続鎖骨下腕神経叢ブロック vs 単回神経ブロック:前向き無作為化対照試験

・研究の目的は、橈骨遠位骨折で、リバウンド痛(術後 12~24 時間)と術後麻薬性鎮痛剤の必要性について、単回鎖骨下神経ブロックの有効性を OnQ 注入ポンプによる持続注入と比較することであった。 ・橈骨遠位骨折(OTA/AO type 23B/C)に対して手術固定を受ける 50 人の患者を対象とした、大都市の大学医療施設附属 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前の腕神経叢ブロックと手術終了時の同一ブロックとの比較:前向き二重盲式無作為化臨床試験

・著者らは、術前超音波ガイド下腕神経叢ブロックを用いた先行鎮痛が、術後の同一ブロックよりも良好な術後鎮痛をもたらすかどうかを評価した。 ・橈骨骨折の骨接合術を受ける 52 人の患者が含まれた。全患者は、レミフェンタニルとプロポフォールで全身麻酔を受けた。患者は無作為に 2 群に分けられた:0.75% ロピバカイン 0.5ml./kg …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more