テーマ:上気道超音波

気道管理における上気道超音波の役割

上気道超音波は、疾患や外傷によって解剖が歪んでいても気道管理を評価するための、価値のある、非侵襲的で、簡便でポータブルなベッドサイド超音波(POCUS)である。超音波により、甲状軟骨、喉頭蓋、輪状軟骨、輪状甲状膜、気管軟骨、食道などの上気道の重要な超音波解剖を特定できる。この応用超音波解剖を理解することにより、臨床医は、挿管困難、ETT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more