テーマ:大腸癌手術

吸入麻酔または全静脈麻酔と大腸癌手術後の再発:デンマーク登録簿に基づいた傾向スコア相応研究

・大腸癌手術中は、吸入麻酔の免疫調節効果により転移形成に好ましい環境が形成され、再発リスクの増加につながる可能性がある。著者らの目的は、大腸癌手術を受けた患者で、吸入麻酔 vs 静脈麻酔と癌再発との関連を評価することであった。 ・2004 年から 2018 年に大腸癌手術を受けた患者を、デンマーク大腸癌群データベースおよびデンマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸癌手術術後早期の血管内皮機能不全

・術後早期の血管内皮機能不全が非心臓手術後の心筋損傷を促進することを示唆するエビデンスがある。本研究の目的は、結腸癌手術が術後に、血管内皮機能に及ぼす影響と術後の L-アルギニン-NO パスウェイとの関連性を調査することであった。 ・待機的結腸癌手術を受ける患者(n=31)を本前向き観察コホート研究に含めた。反応性充血指標(RHI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more