テーマ:心原性ショック

高感度トロポニンTは、弁疾患患者で機械的循環サポートを必要とする術後心原性ショックを予測する

・心原性ショックは、心臓弁手術を受ける患者にとって非常に重症の術後合併症である。機械的循環補助は、この合併症の患者を治療する方法として認められている。今回の研究の目的は、機械的循環補助を必要とする術後心原性ショックの発生を予測する際に、特定のバイオマーカーの有用性を評価することであった。 ・本前向き研究は、心臓弁手術を受けた 71…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心原性ショック時の相対的副腎不全の予後値:長期フォローアップを伴う前向きコホート研究

・相対的副腎不全(RAI)は、集中治療室患者、特に敗血症ショック(SS)時によく見られる。心原性ショック(CS)は、SS といくつかの病態生理学的特徴を共有している可能性がある。本研究の目的は、CS 中の RAI の有病率と長期予後を評価することであった。 ・フランスのある大学病院の集中治療と循環器病室で前向きの観察研究を実施した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more