テーマ:イブプロフェン

予防的静脈内イブプロフェン適用は、甲状腺手術後の疼痛とオピオイド消費量を減少させ

・本研究の主な目的は、甲状腺摘出術を受ける患者で、単回 IV イブプロフェンの先制投与が、術後 48 時間のオピオイド消費量と患者の術後疼痛に及ぼす影響を調査することであった。 ・甲状腺摘除術を予定している年齢 18歳~65 歳の 40 名の患者を対象とした。患者を無作為に 2 群に分けた。手術 15 分前に、試験群(n=20)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下袖状胃切除術後の術後疼痛管理のためのイブプロフェンとパラセタモール静脈投与の比較:無作為化対

・腹腔鏡下袖状胃切除術(LSG)は、肥満治療のための第 1 段階の肥満症手術と定義されている。オピオイド鎮痛剤は、鎮痛力価が強力なので、しばしば疼痛管理に好ましい。しかしながら、オピオイドは望ましくない副作用を有する。本試験の目的は、LSG 手術を受ける患者で、イブプロフェンとパラセタモールの IV 型が疼痛管理とオピオイド消費量に及ぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻中隔外鼻形成術後の疼痛スコアとオピオイド消費量に及ぼす先制イブプロフェン vs パラセタモール

・鼻中隔外鼻形成術は、鼻中隔形成と外鼻形成手術を同時に行い、重度の術後疼痛を特徴とする。本研究の目的は、観血的鼻中隔外鼻形成術後のオピオイド消費量と疼痛スコアに及ぼす静脈内(IV)イブプロフェンおよび IV パラセタモールの先制効果を評価することである。 ・この試験には、待機的鼻中隔外鼻形成術を受けた 150 人の患者が含まれた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more