テーマ:メチルプレドニゾロン

メチルプレドニゾロンは心臓手術後の急性術後疼痛を軽減しない:無作為化臨床試験のサブ分析

・心臓手術の術後疼痛は、主にオピオイドで治療されるが、安全性が低いため、非オピオイド薬はマルチモーダル経路の一部として魅力的である。抗炎症薬は術後の急性疼痛を軽減するが、胸骨切開後の急性疼痛の軽減におけるステロイドの役割は不明である。メチルプレドニゾロンの術中投与と心臓手術後 24 時間の疼痛スコアとオピオイド消費量の複合として定義され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄に及ぼす術前メチルプレドニゾロン 125mg の単回投与の効果

・術後せん妄は、股関節骨折術後によく見られ、神経炎症が原因となる可能性がある。 ・著者らは、術前のメチルプレドニゾロン 125 mg 静脈内投与が、Confusion Assessment Method による術後せん妄重症度スコアを用いて評価した術後せん妄の重症度と頻度を低下させるか見るために、117 人の股関節骨折患者を対象と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

膝関節症の疼痛管理のための関節内ヒアルロン酸とメチルプレドニゾロンの比較:無作為化比較試験のメタ分析

<ハイライト> ・HA とメチルプレドニゾロンの注射はいずれも、膝 OA 患者の有効な治療法であった。 ・メチルプレドニゾロンは、痛みを軽減し、機能回復を改善するのに HA に匹敵する有効性を示した。 ・副作用の点については、長期的経過追跡で有意差は認められなかった。 <要旨> ・著者らは、膝骨関節炎(OA)患者における疼痛軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術後の早期内皮障害に及ぼす術前メチルプレドニゾロンの効果:無作為化二重盲式偽薬対照試験

・著者らは、単回術前のメチルプレドニゾロン投与による全身性炎症反応の抑制が、ファーストトラック膝関節全置換術後の早期内皮損傷のマーカーを減少させるかどうかを評価したいと考えた。 ・著者らは、術前の静脈内メチルプレドニゾロン 125mg(メチルプレドニゾロン群)か、または等張生食(対照群)のいずれかを投与するよう、片側全膝関節形成術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓外科手術でのステロイド試験における、術後回復の質と譫妄に及ぼすメチルプレドニゾロンの影響

・人工心肺後の炎症は、術後譫妄や認知機能障害の要因となる可能性がある。著者らは、高用量メチルプレドニゾロンが、心臓手術後の譫妄の発生率および術後回復の質に及ぼす炎症を抑制する効果を評価した。 ・「心臓手術におけるステロイド」二重盲式無作為化試験に登録された 3 病院の成人 655 人を、導入時にプラセボか、またはメチルプレドニゾロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more