テーマ:無呼吸酸素化

喉頭手術のための低流量無呼吸酸素化:前向き観察研究

・喉頭手術では、手術条件を最適化するために、気道を共有し、外科医と麻酔科医との緊密な協力が必要である。無呼吸酸素化は、呼吸マスフローの原理を使用して、喉頭部の動きを最小限に抑えながら、無呼吸条件下で肺毛細血管血の酸素化を維持する。二酸化炭素の蓄積とその結果生じる酸性血症に関する懸念により、この手法の使用が制限されている。 ・著者ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急科と搬送時の挿管中の無呼吸酸素化:系統的レビューとメタ分析

・低酸素血症は挿管のリスクを著しく増加させる。このような懸念は、救急部門(ED)やの救急搬送時、患者が不安定で、準備または前酸素化の時間が制限され、環境が制御されていない可能性がある場合に増大する。無呼吸酸素化は、このような状況で低酸素血症を予防する有望な手段である。研究目的は、無呼吸酸素化は ED と救急搬送中の気管挿管時の低酸素血症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無呼吸酸素化は緊急挿管中の低酸素血症の発生率を減少させる:系統的レビューとメタ分析

・無呼吸酸素化は緊急気管挿管中の低酸素血症の予防のために提唱されてきた。最近の試験からは矛盾する結果が出ており、無呼吸酸素化の有効性は不明のままである。緊急気管挿管中の臨床的に有意な低酸素血症の発生率に及ぼす無呼吸酸素化の効果を調査するために系統的レビューとメタ分析を行った。 ・MEDLINE、EMBASE、PubMed の各デー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

無呼吸酸素化が気管内酸素濃度、気管内圧、二酸化炭素貯留に及ぼす影響:頬口酸素投与の無作為化対照試験

・頬口器具を使用した経口経路による無呼吸酸素化は、すべてではないがほとんどの肥満患者において安全な無呼吸時間を延長する。無呼吸酸素化手法は、気管の酸素濃度が 90% を超える場合に最も効果的である。口腔内酸素投与が一貫してこの目的を達成するかどうか、そして高炭酸ガス症または圧外傷の重大なリスクが存在するかどうかは不明のままである。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Q:無呼吸酸素化の原理とは?

気道の開存を維持しつつ、口腔内や鼻腔内に、はたまた気管内などに高流量の酸素を吹送し続けることによって、人工換気や自発呼吸がなくても肺胞の酸素化、そして、血液の酸素化を維持することができる。これは、単なるガスの分子の拡散による物理的なメカニズムではなく、生理学的に発生する肺胞内外に生じる酸素分圧の差(圧勾配)によって発生すると考えられてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小児における喉頭鏡検査中の喉頭深部酸素吹送の使用:無作為化臨床試験

・全身麻酔導入中の小児では、短時間のヘモグロビン酸素飽和度低下がよく見られる。挿管中の酸素吹送は酸素飽和度低下を遅らせるという仮説を検証した。 ・経鼻気管挿管を受ける年齢 1~17 歳の患者を登録し、3 群のうちの 1 群に無作為に割り付けた:標準直接喉頭鏡検査(DL)、Truview PCD ビデオ喉頭鏡(VLO2)か、側面に酸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

模擬的長時間喉頭鏡検査困難中の無呼吸酸素化:鼻プロング vs 鼻咽頭カテーテルの比較:無作為比較

・鼻プロング(NP)と鼻咽頭カテーテル(NC)を通した O2 吹送による無呼吸酸素化は有効であることが証明されている。著者らは、模擬的困難気道状況で、これら二つの手法の相対的有効性を比較するために本研究を行った。本研究の目的は、模擬的長時間喉頭鏡検査困難中の酸素飽和度≧95% の持続時間に及ぼす無呼吸酸素化の 2 種の手法(NP vs …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満患者における長時間喉頭鏡検査中の無呼吸酸素化:頬口 RAE チューブ酸素投与の無作為化対照試験

・最適な前酸素化にもかかわらず、全身麻酔導入を受ける肥満患者は、無呼吸の 2~4 分後に著しい低酸素血症を示す。無呼吸酸素化手法は、安全な無呼吸時間を延長することによって、気道管理を補助する可能性がある。本著者らは、経口経路を介した無呼吸酸素化の新手法が肥満症手術患者集団において安全な無呼吸を効果的に延長するであろうと仮定した。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

様々な臨床現場における気管挿管時の無呼吸酸素化の有効性:記述レビュー

・気管挿管の過程で、患者は無呼吸または低換気であり、低酸素になる危険性がある。このリスクは、急性または慢性の呼吸不全およびそれに伴う呼吸予備能の低下を伴う患者において特に高い。この懸念に対処するために、気管挿管中に無呼吸酸素化を行うことによって動脈血酸素飽和度を維持するのに役立つ可能性がある。この記述レビューの目的は、手術室、集中治療室…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

経鼻加湿急速吹送換気交換(THRIVE)を用いた全身麻酔下の成人における無呼吸酸素化~生理学的研究

・麻酔中の無呼吸酸素化は、伝統的に二酸化炭素の急激な増加とそれに続く pH の低下によって制限されてきた。経鼻加湿急速吹送換気交換(THRIVE)の手法を使用すると、これまでの研究よりもゆっくりとした二酸化炭素の増加が見られた。特に、THRIVE を使用した無呼吸酸素化は、動脈血ガスを使用するか、または喉頭手術を受ける患者では体系的に評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術室での麻酔導入および気管挿管時の酸素飽和度低下に対する経鼻または鼻咽頭部無呼吸酸素化の効果

・研究の目的は、経鼻または鼻咽頭カテーテルを通した無呼吸酸素化が、麻酔導入および気管挿管中に低酸素血症および酸素飽和度低下を打ち消す可能性があるかどうかを調査することであった。 ・無作為化比較試験の記述レビューで、待機的手術の ASA I-II 患者 が対象。PubMed と Embase データベースで無呼吸酸素化についての研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管中の無呼吸酸素化の有効性:系統的レビューとメタ分析

・著者らは、緊急挿管中の無呼吸酸素化の有効性を評価するために系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・Ovid MEDLINE、Ovid EMBASE、Ovid CENTRAL、Scopus の各データベースで、2006 年から 2016 年 7 月までの無作為化比較試験と観察研究を、言語制限なしに検索した。灰色文献、clinica…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

修正迅速挿管時の 2 種類の前酸素化法の効率と有効性

・持続気道陽圧法(CPAP)を適用することによる酸素の無呼吸性物質移動は、気道開存性が保たれているときにのみ可能であり、それは酸素飽和度が低下する速度を低下させるのに役立つ。本研究の目的は、気道の開存性を維持するために、口腔咽頭エアウェイを留置した場合としなかった場合とで、無呼吸中の動脈血酸素分圧(PaO2)の低下を評価することによって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続気道陽圧有りと無しで通常呼吸前酸素化に続く無呼吸酸素化による無呼吸持続時間と動脈血ガス

・持続気道陽圧法(CPAP)を適用すると、虚脱肺部分を再膨張させるのに役立ち、それによって酸素貯蔵量が改善される。研究の目的は、3 分間の 1 回換気量での前酸素化に続く無呼吸換気の間、CPAP を適用した場合と適用しない場合で、無呼吸中に酸素飽和度が 90% まで低下するまでの時間を比較することであった。 ・本前向き無作為化試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酸素飽和度低下を防ぐための無呼吸酸素療法を用いた挿管:系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・このレビューでは、挿管時の無呼吸酸素療法に関連したますます増加する文献を要約している。 ・2422 人の患者を含む 17 件の研究のメタ分析 ・総じて、酸素飽和度低下の発生率、危機的な酸素飽和度低下の発生率の有意な低下と安全な無呼吸時間の増加が認められた。 <要旨> ・研究の目的は、気管挿管中に無呼吸酸素療法…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

開胸および胸腔鏡下肺葉切除術における片肺換気中の無呼吸酸素吹送による低酸素症の発生率の低下:無作為化

・低酸素血症は、胸部手術に際しての片肺換気中によく見られる。低酸素血症が発生すると、レスキュー換気のために手術が中断される。圧力をかけることなく酸素を提供する無呼吸酸素吹送(AOI)は、低酸素血症を予防し、手術を中断しない。本研究の目的は、胸部手術での片肺換気中の低酸素血症を予防するための AOI テクニックの有効性を調査することであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下の心臓手術患者における無呼吸酸素療法と低1回換気量人工呼吸:単施設前向き無作為化比較試験

・研究目的は。左内胸動脈を採取する際の無呼吸酸素療法と低換気量(VT)人工呼吸のの生理機能を比較することであった。 ・待機的冠動脈バイパス移植手術を受けた 24 人の患者を対象とした、教育病院単施設での前向き無作為化試験である。左内胸動脈の採取中に 15 分間、無呼吸酸素療法(無呼吸群:12 名)と低 VT 換気(低 VT 群:1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部における迅速挿管に際しての無呼吸酸素療法の使用の改善

<ハイライト> ・無呼吸酸素化は、迅速挿管の一部として組み込まれると有益な非侵襲的処置である。 ・スタッフは、それを実践に移す前に無呼吸酸素化の利点を認識し、理解する必要がある。 ・教育と訓練、ワークフローのリマインダーと標準化は、実施が容易なインパクトのある介入である。 ・処置の性質、スタッフの能力向上、ならびにテクノロジーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管時の無呼吸酸素化の有効性

・気管挿管の過程で、患者は無呼吸または低呼吸であり、低酸素状態になる危険性がある。このリスクは、急性または慢性呼吸不全およびそれに伴う呼吸予備力低下を伴う患者において特に高い。この問題に対処するために、動脈血酸素飽和度を維持するのを補助するために気管挿管中に無呼吸酸素化を行うことができる。この総説の目的は、手術室、集中治療室(ICU)、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more