テーマ:術後認知機能障害

高齢者胸腔鏡下手術患者の術後認知能力に及ぼす硬膜外ブロック麻酔と全身麻酔の併用の効果

・本研究は、胸腔鏡下手術を受けた高齢者の術後認知能力に硬膜外ブロック麻酔と全身麻酔を併用した場合の効果を検討することを目的とした。 ・当院で胸腔鏡下手術を受けた高齢者 115 名を被験者として集めた。このうち、硬膜外ブロック麻酔と全身麻酔を併用した 65 例を A 群、全身麻酔を使用した 50 例を B 群とし、両群間のミニ精神状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中の硫酸マグネシウムは術後認知機能障害を回避できるのか?

・術後認知機能障害(POCD)の病因について多くの懸念がある。現在、効果的な予防戦略は明らかにされていない。本研究の目的は、術中の硫酸マグネシウムが POCD の発症を予防する効果があるかどうかを調査し、神経変性のマーカーである S100B の血清値に及ぼす影響を調査することであった。 ・これは、待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢癌患者の術後認知機能障害に対するセボフルラン麻酔とプロポフォール麻酔の影響:二重盲式??無作為化対照試験

・セボフルランで麻酔した手術患者の臨床転帰およびセボフルランと術後認知機能障害(POCD)との関連性に関する研究は乏しい。高齢の癌患者において、セボフルランベースの麻酔が POCD の発生率を増加させ、プロポフォールベースの麻酔と比較して予後を悪化させるかどうかを評価した。 ・この単施設の前向き二重盲式無作為化比較試験には、手術中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における認知機能障害、ストレスバイオマーカー、麻酔種別との関連:前向き無作為化試験

・術後認知機能障害(POCD)は、膝関節全置換術(TKA)に伴う重症合併症であり、入院期間を長引かせ、機能障害、合併症を引き起こすことが示されている。著者らは、TKA を受ける患者で、POCD が全身麻酔または区域麻酔の使用に関連するかどうかを判断することを目的とした。著者らの仮説は、鎮静剤を使用しない区域鎮痛法を受けた群の方が POC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の全身麻酔後の術後認知機能障害とせん妄に及ぼすデキサメタゾンの効果:無作為化対照試験のメタ分析

・術後認知機能障害(POCD)や術後せん妄(POD)に及ぼすデキサメタゾンの効果を調べた研究がいくつかある。しかし、それらの結論は矛盾している。そこで、全身麻酔後の成人における POCD と POD に及ぼすデキサメタゾンの効果を調査するために、メタ分析を行った。 ・Cochrane Library の Cochrane Cent…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の術後認知機能障害に及ぼすプロポフォール、デキスメデトミジン、ミダゾラムの効果:無作為化比較

・術後認知機能障害(POCD)は、特に高齢患者において、手術後の重症の合併症である。麻酔法は POCD の潜在的に修正可能な危険因子である。本研究では、脊椎麻酔下で股関節または膝関節置換術を受けた高齢患者で POCD に及ぼすデキスメデトミジン、プロポフォール、ミダゾラム鎮静の効果を評価した。 ・本研究は前向き無作為化対照予備試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の術後認知機能障害に及ぼすプロポフォール、デキスメデトミジン、ミダゾラムの効果

・術後認知機能障害(POCD)は、特に高齢患者において、術後の深刻なの合併症である。麻酔法は POCD の潜在的に修正可能な危険因子である。本研究では、脊椎麻酔下で股関節または膝関節置換術を受けた高齢患者の POCD に及ぼすデキスメデトミジン、プロポフォール、ミダゾラム鎮静の効果を評価した。 ・本研究は前向き無作為化対照予備試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸直腸手術後の早期術後認知機能障害の危険因子

・術後認知機能障害(POCD)は、中枢神経系の変性、酸素化ストレス、炎症、ならびに内分泌および免疫機能障害と相関することが報告されている。加齢、素因となる併存症、長い手術時間、集中治療室での長期在室は、心臓手術に際し POCD を発症する危険因子であると報告されている。本研究では、結腸直腸手術後の早期 POCD の危険因子を調べた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節形成術における脊椎麻酔とセボフルランまたはプロポフォール全身麻酔後の術後認知機能障害

・麻酔維持に使用される全身麻酔の種類が術後認知機能障害(POCD)の発生率に影響するかどうかは不明である。本研究の目的は、股関節全置換手術中の麻酔維持に、セボフルランか、またはプロポフォールのいずれかを投与された患者で POCD の発生率を比較することであった。 ・脊椎麻酔の実施後、全身麻酔維持のために麻酔科医の裁量でセボフルラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せん妄や術後認知機能障害を予防するための術中ケタミン投与:系統的レビューとメタ分析

・術後認知合併症は、かなりの合併症率と死亡率に関連する。ケタミンは、様々な設定において神経保護効果を有することが示唆されている。この系統的レビューは、術後せん妄と術後認知機能障害(POCD)に及ぼす術中ケタミン投与の効果を評価する。 ・Medline、Embase、Central を、日付または言語制限なしで 2018 年 3 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処理脳波モニタリングと術後せん妄:系統的レビューとメタ分析

・術後せん妄は、年齢 65 歳以上の患者の大きな手術の約 15~20% に合併し、有害転帰と医療資源利用の増加を伴う。さらに、術後せん妄のある患者は、長期的術後認知機能障害を発症する危険性があるかもしれない。1 つの修正可能かもしれない変数は、麻酔をガイドするために術中に処理脳波を使用することである。この系統的レビューとメタ分析は、処理…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

待機的手術後の術後認知機能障害に及ぼすスガマデクス vs ネオスチグミン/アトロピン併用の効果

・本研究は、待機的手術後の成人患者における術後認知機能障害(POCD)に及ぼすスガマデクス vs ネオスチグミン/アトロピンの効果を評価することを目的とした。 ・年齢 40 歳超の 160 人の ASA-PS I/III の患者に対して無作為化二重盲式対照試験がを実施した。 1)術前、2)術後 1 時間、3)退院時の 3 時点で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス手術における 2 つの異なる血糖管理プロトコールが術後認知機能障害に及ぼす影響

・術後認知機能障害(POCD)は、開心術後によく見られる手術の有害転帰である。本研究の目的は、冠動脈手術中の厳格な血糖コントロールが早期と後期の認知機能低下に及ぼす役割を調査することであった。 ・待機的冠動脈手術を受ける年齢 50 歳以上の 40 人の患者を無作為に 2 群に分けた。厳密管理群(GI)では、血糖値は 80~120m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者で腹腔鏡下胆嚢摘出術後の術後認知機能障害に及ぼすプロポフォール、セボフルラン、イソフルラン

<ハイライト> ・術後認知機能障害は、高齢者でよく発生する。 ・麻酔は認知機能を損なう。 ・プロポフォールは吸入麻酔薬に比べてほとんど影響を与えなかった。 <要旨> ・研究目的は、異なる麻酔薬(プロポフォール、セボフルラン、イソフルラン)を受ける高齢手術患者(年齢>60 歳)における術後認知機能障害(POCD)の発生率を比較し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後の認知機能障害

Postoperative cognitive disorders Current Opinion in Critical Care: August 2011 - Volume 17 - Issue 4 - p 376-381 ・高齢者は人口で最も急成長している層で、全外科手術の25~30%を占める。術後認知機能の問題は、大手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more