テーマ:筋弛緩

ロボット補助腹腔鏡根治的前立腺摘除術中の呼吸器系コンプライアンスおよび術野条件に及ぼす高度および中程度の筋弛緩の効…

・ロボット補助下根治的前立腺全摘除術(RARP)には、気腹(Pnp)と手術中の呼吸器系コンプライアンス(Crs)を乱す可能性のある急峻な頭低位が必要である。著者らの目的は、RARP 中に同じ Pnp 圧で Crs に及ぼすさまざまな程度の筋弛緩(NMB)の効果を比較することであった。 ・RARP を受けた 100 人の患者が登録さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深い筋弛緩により、未破裂脳動脈瘤の血管内コイリング中の血管造影画像の品質が向上する:無作為化臨床試験

・全身麻酔中に使用される筋弛緩(NMB)は、一過性の骨格筋麻痺を誘発するが、血管内コイル留置中の患者の体動は、依然としてある程度発生する。中程度の NMB と比較して、深い NMB は、未破裂脳動脈瘤の血管内コイル留置中の介入状態をさらに改善できる可能性がある。ただし、血管造影画像の質に焦点を当てた研究はほとんどない。 ・本前向き…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

周術期効率に及ぼすスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの影響

・手術室における筋弛緩は、術後の回復を促進し、手術室の患者の処理量を維持するために、拮抗剤の使用を必要とする。コリンエステラーゼ阻害剤は、麻酔診療における筋弛緩の拮抗の治療の歴史的標準診療となっている。合成ガンマシクロデキストリンであるスガマデクスは、代替薬と比較して、筋弛緩のより迅速で予測可能な拮抗が可能であるというエビデンスとともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中の深い筋弛緩は術中出血量を減らす:無作為化臨床試験

・脊椎手術は通常、後方アプローチを使用して腹臥位で行われます。しかし、腹臥位は背中の静脈うっ血を引き起こす可能性があり、したがって手術の中断とともに手術出血量が増加する可能性がある。大きな血管が圧迫されて心臓への静脈還流が減少するため、腹臥位は心拍出量にも影響する。深い筋弛緩は、腹臥位での脊椎手術中の手術出血量の減少に関連すると仮定した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正常気道患者におけるマスク換気チェック前後のロクロニウムの早期投与と後期投与を比較する無作為化試験

・全身麻酔導入中は、マスク換気を提供する能力が確認されるまで筋弛緩を遅らせることが一般的な方法である。ただし、このアプローチの利点は科学的に検証されていない。そこで、著者らは正常気道を有する患者で、マスク換気の効率と気管挿管までの時間を調査するためにマスク換気をチェックする前後でロクロニウムの早期と後期投与を比較した。 ・患者(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩前のマスク換気の確認:麻酔科医の態度と思考に関する全国規模の調査

・筋弛緩薬を投与する前にマスク換気をチェックすることの意義は未だ議論されている。 ・スウェーデンで麻酔科医の診療の調査を行い、最初に挿管を伴う日常的的な導入の一部としてマスク換気試験(MVT)を使用するかどうかを尋ねた(迅速導入または困難気道が予想される場合ではない)。著者らは麻酔科医の態度を一般的な場合と、特別なシナリオで精査し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット胃切除後の回復の質に及ぼす深 vs 中等度の筋弛緩の効果

・深い筋弛緩が中等度の筋弛緩よりも良好な術後回復をもたらすかどうかは不明のままである。そこで、本研究で、著者らはロボット胃切除術を受ける患者の術後回復の質に深い筋弛緩と中等度の筋弛緩が及ぼす効果を比較することを目的とした。 ・2 並行群による本前向き二重盲式単施設無作為化比較優位性試験で、待機的ロボット胃切除術を予定された 56 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃送気を予防するための筋弛緩ありとなしの小児のフェイスマスク換気のための最適吸気圧

・胃への送気はフェイスマスク換気中によく見られ、小児に好ましくない呼吸事象をもたらす。本研究の目的は、胃送気に及ぼす筋弛緩剤の効果を評価し、小児フェイスマスク換気中の最適吸気圧を決定することであった。 ・月齢 1ヶ月から年齢 5 歳までの小児を無作為に筋弛緩薬(NM)群、または非筋弛緩薬(non-NM)群に割り当てた。静脈麻酔薬投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不十分な術中筋弛緩の発生率:後ろ向き的レジストリ分析

・麻酔または手術的治療を阻害する筋緊張は不十分な筋弛緩を特徴付ける。不十分な筋弛緩の発生率は知られていない、そこで著者らは不十分な筋弛緩の発生率を同定するための新規な電子的探索法を開発した。著者らの主な目標は、腹部および神経血管手術における術中の不十分な筋弛緩の発生率を調査することであった。著者らの第二の目標は、不十分筋弛緩に関連する要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔中の不適切な筋弛緩の頻度

・著者らは、不適切な術中筋弛緩(NMB)の頻度を明らかにするために電子カルテデータを使用して、後ろ向き観察研究を行った。 ・三次医療大学関連病院の手術室で、非脱分極性 NMB を使用して、全身麻酔を受けた外来または入院患者で、ASA-PS 1~5 の成人患者 129,209 人を対象とした。手術室に到着する前に挿管された患者、肝移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者と非高齢者で小用量スガマデクスに反応したロクロニウム誘発性の深い筋弛緩からの回復の差

・スガマデクスによるロクロニウム誘発性筋弛緩からの完全な回復は、高齢患者では遅れると報告されている。著者らは、高齢患者の方が非高齢患者よりも、低用量スガマデクスによる深い筋弛緩からの回復はゆっくりで(一次仮説)、リクラリゼーションの頻度が高い(二次仮説)という仮説を検証した。 ・ロクロニウムによる深い筋弛緩の麻酔を受けた高齢者(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高度と中等度の筋弛緩がロボット胃切除後の回復の質に及ぼす影響

・深い筋弛緩が中等度の筋弛緩よりも良好な術後回復をもたらすかどうかは依然として不明である。そこで、本研究では、ロボット胃切除術を受ける患者の術後回復の質に及ぼす高度筋弛緩 vs 中等度筋弛緩の効果を比較することを目指した。 ・2 つの並行群を有する本前向き二重盲式単施設無作為化対照優位性試験では、待機的ロボット胃切除予定の 56 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩剤の術中投与パターンの検討

・手術中に深い筋弛緩(NMB)の使用を記載する文献が増えている。NMB の深さの伝統的定義は、四連反応評価に依存しており、これは後ろ向き研究では信頼性が低くなる可能性がある。本研究の目的は、症例経過中に使用した NMBA 量を活用し、患者の体重と症例持続時間で合わせて調節された、NMB の深さの代理尺度として、筋弛緩剤(NMBA)の実際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

McGRATH MAC ビデオ喉頭鏡で筋弛緩下と非筋弛緩下で 術後喉頭合併症と挿管条件を比較

・筋弛緩を使用しない気管挿管は、挿管条件の悪化と喉頭合併症の増加と関連している可能性がある。著者らは、McGRATH MAC ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管は、筋弛緩がなくても、術後の嗄声を増加させないと仮定した。 ・この前向き無作為化平行群二重盲式非劣性試験では、ロクロニウムを用いた筋弛緩がある場合とない場合に、248 人の患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸症候群における筋弛緩薬および/または拮抗薬に伴う術後合併症:系統的レビュー

・筋弛緩薬(NMBD)は、挿管を容易にし、外科処置のための筋弛緩を達成するために術中に投与される。NMBD の不完全な拮抗は術後期に有害事象を引き起こす可能性がある。閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の患者は、NMBD の使用に関連する合併症のリスクがより高い可能性がある。この系統的レビューの目的は、1) OSA 患者が非 OSA 患者よりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後腹膜腹腔鏡下手術における予期せぬ 30 日再入院率に及ぼす高用量 vs 低用量筋弛緩剤投与の影響

・最近のデータは、高用量のロクロニウムを投与することによって誘発される筋弛緩(NMB)が、特定の処置において術野状態を改善することを示している。しかし、術後転帰に及ぼすそのような診療の効果に関するデータは限られている。著者らは、腹腔鏡下後腹腔内手術の全身麻酔時に高用量と低用量のロクロニウムを投与した患者における予定外 30 日以内再入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管の転帰に及ぼす筋弛緩剤の回避または使用の影響:コクラン系統的レビュー

・コホート研究では、筋弛緩剤(NMBA)の回避は気管挿管困難の危険因子であることが示されている。しかし、NMBA 回避が気管挿管、可能性のある有害効果、術後不快感に及ぼす影響は、無作為化試験の系統的レビューでは評価されていない。 ・著者らは、2017 年 1 月までに公開された臨床試験についていくつかのデータベースを検索した。著者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩有りと無し場合で McGRATH MAC ビデオ喉頭鏡を用いた術後喉頭合併症と挿管条件

・筋弛緩なしでの気管挿管は、挿管条件の不良と喉頭合併症率の増加と関連している可能性がある。著者らは、McGRATH MAC ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管は、筋弛緩をしなくても、術後の嗄声を増加させないと仮定した。 ・本前向き無作為化平行群二重盲式非劣性試験では、248 人の患者をロクロニウムを用いた筋弛緩の有りか、無しの気管挿管に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下大腸手術中に深い筋弛緩を使用すれば、低吹送圧で最適な術野状態を維持することができる

・二酸化炭素(CO2)の吸収と腹腔内圧の上昇は、周術期の身体生理と術後の回復に悪影響を与える可能性がある。深い筋弛緩は、腹腔鏡手術中の術野状態を改善することが知られている。著者らは、腹腔内圧を含む、腹腔鏡下結腸直腸手術における深い vs 中程度の筋弛緩の効果を比較することを目的とした。 ・この前向き二重盲式並行群試験では、腹腔鏡下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下結腸直腸手術における術野に及ぼす筋弛緩の深さの影響:無作為化比較試験

・深い筋弛緩が術中状態に及ぼす影響の客観的な評価はこれまでほとんどない。本前向き無作為化比較研究で、著者らは腹腔鏡下結腸直腸手術中の術野条件に及ぼす深い筋弛緩の影響を評価した。 ・患者は、コンピュータ生成無作為化コードを使用して、中等度(TOF カウント 1??-2 で維持してネオスチグミンで拮抗)か、または深い(PTC 1~2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩は、中等度から重度の急性呼吸窮迫症候群の患者で上皮および内皮損傷のバイオマーカー軽減と関連

・筋弛緩(NMB)は急性呼吸窮迫症候群(ARDS)にとっては治療法である。しかし、NMB が ARDS 患者の転帰を改善するメカニズムは不明である。著者らは、NMB が ARDS 患者で、肺の上皮および内皮傷害および全身性炎症のバイオマーカーを減弱させるかどうか、およびその関連性が一回換気量の大きさと初期の低酸素血症の程度に依存するかど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼡径ヘルニア修復術を受ける小児には、筋弛緩薬が必要か?前向き、無作為化対照試験

・術中の筋弛緩薬は広く使用されているが、術後の残存麻痺と関連することが知られており、それは肺合併症のリスク増加に関連することが知られているいる。したがって、その使用は個別化され、必須である手術に限定されるべきである。著者らは、鼡径ヘルニア修復術をを受ける小児の術野状態に筋弛緩薬を使用しないことが影響するかどうかを調べた。 ・60%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔患者におけるラリンジアルマスク ProSeal の挿入効率に及ぼす筋弛緩薬の効果

・麻酔科医は、しばしばカフサイズが大きいため LMA-ProSealTM(ProSeal)挿入困難に遭遇する。著者らは無作為化臨床試験を行って、麻酔患者で筋弛緩剤投与が ProSeal の挿入効率とシーリング圧にどのように影響を及ぼすかを調べた。 ・成人患者は、筋弛緩薬としてロクロニウム(0.9 mg/kg)を投与されるか(R 群…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

低圧気腹腹腔鏡下胆嚢摘出術における術野状態に及ぼす筋弛緩の深さの影響:無作為化盲式試験

・研究目的は、低圧気腹(8mmHg)腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)中の筋弛緩(NMB)が術野条件に及ぼす影響を評価し、中等度および高度 NMB を比較することであった。副次的な目的は、高度 NMB 下で実施された低圧気腹 LC の術野条件は、標準圧気腹(12mmHg)LC で提供された術野条件に匹敵するかどうかを評価することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイスマスク換気困難患者のフェイスマスク換気の有効性に及ぼす筋弛緩の効果:前向き試験

・肺のフェイスマスク換気は、「挿管できない」シナリオにおいて重要な救命処置となり得る。著者らは、マスク換気困難が予測される患者で、呼気 1 回換気量に及ぼす筋弛緩の効果を評価した。 ・マスク換気が困難な少なくとも 3 つの予測因子を有する患者の肺を、2 本の手で保持されたフェイスマスクを用いて換気し、人工呼吸のモードを従圧式に設定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹手術時の外科医の術野評価に及ぼす深い筋弛緩の影響:ロクロニウムとスガマデクスを用いて

・開腹手術中、患者の腹壁や横隔膜が緊張している場合、外科医は困難な術野状態を経験することがある。深部筋弛緩(NMB)は、PTC が 0-1 と定義し、腹壁筋肉と横隔膜を麻痺させる。著者らは、深い NMB(PTC 0-1)は、標準的な NMB と比較して、上腹部開腹手術中の術野状態の主観的評価を改善すると仮定した。 ・これは二重盲式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオスチグミンに併用投与された塩化カルシウムの筋弛緩効果への影響:二重盲式無作為化研究

・イオン化カルシウムは、神経筋伝達において重要な役割を果たすが、非脱分極性筋弛緩の拮抗に及ぼすその効果は十分に評価されていない。著者らは、ネオスチグミンと同時投与された塩化カルシウムが神経筋回復速度を高める可能性があるかどうかを検討した。 ・三次教育病院での、全身麻酔下の 53 人の患者を対象としたTOF-Watch SX モニタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術で気腹中の腹腔内スペースに及ぼす筋弛緩の深さの影響

・研究目的は、腹腔鏡手術の気腹中の腹腔無いスペースに及ぼす筋弛緩(NMB)の影響を、中程度 NMB と 深い NMB を比較しつつ評価することであった。 ・ASA I/II で待機的腹腔鏡手術予定の 76 人の患者を対象とした、手術室での前向き無作為化クロスオーバー臨床試験である。規定の腹腔内圧(IAP) 8 と 12 mmHg …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランに及ぼすデキスメデトミジンの筋弛緩作用:非盲式用量漸増臨床試験

・セボフルランは、信頼性の高い中枢性筋弛緩効果を示す。しかしながら、セボフルランとデメドテミジンとの相互作用に関してはほとんど知られていない。著者らは、正常な神経筋伝達を有する患者におけるセボフルランに及ぼすデキスメデトミジンの神経筋効果を評価し、50% 有効濃度(EC50)を算出した。 ・下肢手術を受ける年齢 20~60 歳、A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔時の気管挿管における筋弛緩:メタ分析と試験連続解析

・小児麻酔時の気管挿管における筋弛緩は議論の対象となっている。今回のメタ分析の目的は、小児の挿管条件に及ぼすオピオイドと比較した筋弛緩薬剤(MR)の効果を調査することであった。 ・徹底した文献分析による無作為化対照研究のメタ分析。適格基準は、小児における挿管条件(優良:主要評価項目、容認可能:副次評価項目)にに及ぼすオピオイドと比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more