テーマ:タニケット

タニケット誘発性血管内皮損傷に及ぼすセボフルランとプロポフォールの効果:膝靭帯手術に際しての予備無作為化比較試験

・グリコカリックス層は、血管内皮の重要な構造である。整形外科手術中にはタニケットによって誘発性虚血期間があり、虚血再灌流後に生成された活性酸素種がグリコカリックスの脱落を仲介する可能性がある。ここでは、著者らは、膝靭帯手術において、タニケット誘発性虚血再灌流の効果について明らかにし、虚血再灌流後の内皮バイオマーカーの放出に及ぼすセボフル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニケットの時間または設定圧は、タニケットの適用後の頭蓋内圧上昇の要因となるか?

・本研究の目的は、タニケット解除に続く頭蓋内圧(ICP)の早期上昇が、タニケット時間(TT)またはタニケット圧(TP)に関連するかどうかを調査し、TT あるいは TP の安全なカットオフ値を同定することであった。 ・全身麻酔下で待機的整形外科下肢手術を受けた患者を以下の 2 群に無作為化した:A 群、TP の空気圧を収縮期血圧+1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニケット誘発虚血再灌流傷害:小用量プロポフォールとケタミンの抗酸素化効果の比較

・本研究の目的は、脊椎麻酔時の鎮静薬として、小用量プロポフォールとケタミンがタニケット誘発虚血再灌流傷害に及ぼす予防効果について調査することであった。 ・30 人の患者を 15 人の患者毎の 2 群に無作為に割り付けた。プロポフォール群では、プロポフォール 0.2mg/kg で鎮静後、2mg/kg/h で持続注入した。ケタミン群で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more