テーマ:麻酔法

股関節骨折の外科的修復に際しての脊椎または全身麻酔、およびその後の死亡率と罹患率のリスク:傾向スコアマッチングを使…

・英国では、毎年約 76,000 人が、相当なの人的、社会的、経済的コストを要して股関節骨折を起こしている。長年の議論にもかかわらず、最適な麻酔の種類(全身または脊椎)は不明のままである。著者らの目的は、股関節骨折手術時に、全身麻酔と比較して脊椎麻酔を受けた患者の死亡率と罹患率に有意差があるかどうかを評価することであった。 ・二次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尿管結石の内視鏡的外科治療に使用される全身、脊椎、硬膜外麻酔法の安全性と効率の比較:尿管結石にアクセスして石に到達…

・本研究の目的は、脊髄、硬膜外、全身麻酔の手術転帰と、尿道アクセスの成功と結石アクセス達成に及ぼす麻酔法の影響を評価することである。 ・本前向き無作為化試験では、尿管結石に対して初回の URS 手術を受けた 105 人の患者が評価された。患者は、適用された麻酔法に従って順列ブロック無作為化によって 3 群に無作為化した:全身麻酔(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔の種類と初回片側膝関節全置換術における輸血のリスクとの関連:シンガポールでのコホート研究に基づく二次分析

・本研究では、人工膝関節置換術(TKA)を受ける患者で、他の共変量を調整後、輸血イベントのリスクに麻酔の種類が独立して関連しているかどうかを評価した。 ・これは、シンガポールで初回片側 TKA を受けた患者の後ろ向きコホート研究の二次分析であった。独立変数は麻酔の種類であり、従属変数は輸血イベントであった。麻酔または輸血イベントの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術に際してプロポフォールベースの全静脈麻酔は、デスフルラン麻酔と比較して生存率を改善しなかった

・乳癌は女性で最もよく見られる癌であり、いくつかの周術期因子が腫瘍の再発と転移の原因となる可能性がある。癌手術中に使用される麻酔薬は、癌細胞の生存と患者転帰に重要な役割を果たす可能性がある。経験豊富な同一の外科医が実施した乳癌手術を受けた患者で、麻酔の種類と全生存率との関係を調査するために、後ろ向きコホート研究を実施した。 ・20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域または全身麻酔後の乳癌の再発:無作為化比較試験

・癌手術時に、周術期の 3 つの要因が、再発に対する宿主の防御を損なう:外科的ストレス反応、揮発性麻酔薬の使用、鎮痛のためのオピオイド。全ての要因は、区域麻酔/鎮痛により改善される。根治可能性のある乳癌の術後再発は、揮発性麻酔薬セボフルランとオピオイド鎮痛による全身麻酔よりも、傍脊椎ブロックと麻酔薬プロポフォールを使用した区域麻酔/鎮痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科の前腕手術後の術後回復の質に及ぼす麻酔の種類の影響

・術後回復の質は要因の影響を受ける可能性があるが、麻酔の種類がそれに影響を与えるかどうかについての調査はほとんどない。この単盲式前向き観察研究で、著者らは、整形外科の前腕手術を受ける患者の術後回復の質を全身麻酔と区域麻酔(腕神経叢ブロック)下で比較した。 ・年齢 18〜65 歳の 97 人の患者で整形外科の前腕手術を受けるASA-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国における人工股関節全置換術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の影響:国民健康保険請求データを使用した地域住民ベース…

・神経学的合併症に及ぼす麻酔法の効果に関するさまざまな報告がある。韓国で人工股関節全置換術を受けた患者の術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の効果を推定するために、地域住民ベースの研究が実施された。 ・韓国国民健康保険請求データベースを使用して、2008 年 1 月から 2017 年 12 月までに手術コード「N0711」の請求記録を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法は下肢外傷性骨折患者の治療における術後合併症と関連していない

・下肢骨折固定はよくある手術であり、整形外科の外傷外科手術症例の大部分を占めている。それにもかかわらず、この手術集団における区域麻酔または脊柱管麻酔(RA/NA) vs 全身麻酔(GA)の使用を検討した研究はほとんどない。著者らは、RA/NA 使用の全体的な割合と、RA/NA が下肢整形外科的外傷患者の死亡率と合併症率が、GA よりも低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸直腸癌肝転移切除後の麻酔法と腫瘍学的転帰との関連

・最近発表された研究は、腫瘍外科手術中に使用される麻酔法が患者の転帰を改善する可能性があることを示唆している。したがって、著者らは、EGA(全身麻酔[GA]と硬膜外麻酔[EA]の併用)または GA 単独のいずれかを受けた直腸結腸癌肝転移(CRCLM)切除患者の生存率を評価した。 ・2007 年 5 月から 2012 年 7 月まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性虚血性脳梗塞の血管内治療における麻酔選択の転帰

・血管内治療(EVT)を受ける急性虚血性脳梗塞患者の麻酔の種類と転帰との間の関連性は、引き続き議論の対象となっている。 ・本前向き無作為化比較試験には、EVT を受けた急性前脳循環梗塞患者 149 人が含まれた。主要評価項目は、3 ヵ月後の修正ランキンスケール(mRS)によって評価された機能的独立性であった。 ・EVT を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発性乳癌手術時の麻酔法が好中球/リンパ球比、血小板/リンパ球比、意図した腫瘍学的療法へ及ぼす効果

・炎症および免疫抑制は癌の病因に寄与する。増加した好中球/リンパ球比はこれらの過程を反映し、有害な癌転帰と関連している。乳癌手術に際しての麻酔法がこれらの要因、および潜在的に癌の再発に影響するかどうかは不明のままである。 ・著者らは、乳癌再発に関する麻酔法の進行中の試験に登録された患者について、二次分析を実施した。第 1 の仮説は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢動脈疾患における下肢切断には脊椎麻酔か全身麻酔か - 後ろ向きコホート研究

・本研究は、下肢虚血に際して四肢切断術を受ける患者で、麻酔法(脊椎麻酔か、または全身麻酔)が術後鎮痛薬の必要性を低減するのに優れているかどうかを調査することを目的とした。別の目的は、凝固能が異常な場合や、抗凝固剤を使用しているにもかかわらず、麻酔科医が高リスク患者で脊柱管麻酔を使用するかどうかを調査することであった。 ・本研究は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

局所麻酔は経カテーテル大動脈弁移植の好ましいアプローチか?局所麻酔と全身麻酔を比較する系統レビュー

・著者らは、経皮的大動脈弁移植術(TAVI)において、全身麻酔(GA)と比較した局所麻酔+鎮静(LAS)の潜在的に有益な効果を確認するために、系統的レビューとメタ分析を行った。 ・電子データベース(PubMed/Medline、Embase、Cochrane Central Control of Controlled Trials…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経カテーテル大動脈弁置換術を受ける患者における局所麻酔と全身麻酔の比較:メタ分析

・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)は、一般に、全身麻酔(GA)下で行われる。しかし、局所麻酔/意識鎮静(LA)下で TAVR を実施する安全性を裏付けるデータが増加している。著者らは、TAVR を受けた重症大動脈狭窄症患者における LA vs GA の安全性と有効性をよりよく理解するために、メタ分析を行った。 ・著者らは包括…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の術後主要心臓事象および死亡率に及ぼす麻酔法の効果:系統的レビューとメタ分析

・術後重大心臓有害事象心不全(MACE)は術後死亡の主な原因であり、非心臓手術後の高リスク心臓患者の術後 MACE および死亡率に及ぼす麻酔法の効果に関しては論争が存在する。 ・中~高リスクの非心臓手術を受ける高リスク心臓患者の麻酔法が、術後 MACE および死亡率に及ぼす効果に関するメタ分析を実施した。中国のデータベース(Sin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮鏡手術における血行動態と容量変化に及ぼす麻酔の影響:生体インピーダンス無作為化研究

<ハイライト> ・麻酔は子宮鏡検査で血行動態とグリシン吸収に影響を与える。 ・胸部の生体インピーダンスは、血行動態と胸部体液を測定する。 ・脊椎麻酔は、全身麻酔よりもグリシン吸収が少ない。 ・脊椎麻酔の方が、血行動態および胸部体液管理が良好である。 ・脊椎麻酔はの方が患者満足が高い。 <要旨> ・子宮鏡手術には、拡張溶媒の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法が術後死亡率と罹患率に及ぼす影響:NSQIP データベースの一致分析

・麻酔法は臨床転帰に影響を及ぼす可能性があるが、固有の交絡があり、効果サイズが小さいため、研究が困難となっている。著者らは、全身麻酔(GA)と比較して、局所麻酔(RA)がの方が生存率が高く、術後臓器機能不全が少ないと仮定した。 ・著者らは米国外科学会手術の質改善プログラムデータベースを使用して手術術式と麻酔法を一致させ、26442…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more